まったりゲーム屋

まったりゲーム屋

ゲーム記事中心の個人ブログ

【原神】 神里綾華 ストーリーまとめ

f:id:arnoldooo:20210920010852j:plain

神里綾華 CV 早見沙織
誕生日 9月28日
所属 社奉行
使用武器 片手剣
神の目
命ノ星座 雪鶴座
稲妻「社奉行」神里家の令嬢。容姿端麗で品行方正な人物であり、人々から深く慕われている。

 

 

キャラクター詳細

稲妻城で最も崇高なる三大名門の一つ——神里家を受け継いだのは、二人の兄妹である。

兄の綾人は「当主」として政務を取り仕切り、妹の綾華は「姫君」として家の事務を担当している。綾華はよく社交場に現れるため、民衆との交流が多い。結果、人々により知られている彼女の方が兄より名声が高く、「白鷺の姫君」として親しまれている。

周知のように、神里家の令嬢である綾華さまは、容姿端麗で品行方正な人物であり、人々から深く慕われている。

 

キャラクターストーリー1

稲妻では、雷電将軍のところまで届かぬ事務は、そのほとんどが「評定所」によって処理される。「評定所」の議事権利は三家に分かれており、三奉行と呼ばれている。すなわち——「社奉行」、「天領奉行」、「勘定奉行」である。

この3つの奉行権利を有する一族の名が、神里、九条、そして、柊。稲妻で知らない人などいないほど有名な御三家である。

そして神里綾華は、まさに社奉行神里家の令嬢、かの有名な「白鷺の姫君」だ。

なぜ彼女が白鷺の姫君と呼ばれているか、稲妻人はそれぞれ違った解釈を持っている。

「綾華さまは白鷺のように優雅で高貴な方です。見てください、あの澄んだ美しいお姿、知的で丁寧な言葉遣い。まさにお姫様ではないでしょうか?」

「綾華さまは、身分が高いとはいえ、私たちにも礼儀正しく、親身に接してくれるんです。彼女は優しくて寛大で、人々に手を貸すことを惜しみません。知ってますか? 周りの反対を押し切って、庶民であるトーマさんを引き取ったのも彼女なんですよ。」

数々の意見があるが、「白鷺の姫君」の名の由来について、正確に言える者は誰もいない。ただ、綾華が人々に慕われていることだけは、一目瞭然だろう。

 

キャラクターストーリー2

社奉行神里家の娘として、綾華は常に公家同士の権力争いに気を配らなければならない。

彼女は若くして天下に名を馳せた。そのため、時に、神里家兄妹に嫉妬する名門の子息たちに挑発されることもある。

公共へと向けた印象を作ることは、本来は形式主義である。だが神里家の場合は、その地位から、そのように無意味な慣習でも社会的な重要性を持っている。

稲妻の関係網に参加しなければ、社奉行の地位が揺らいでしまう。そのため、兄妹はあることに対して合意に達した。

兄の綾人は政務で忙しく、顔をあまり出さない。神里家の公共の場での印象は、上品で社交的な妹の綾華に任せている。

控えめでおしとやか、礼儀正しく優雅な綾華は、社交的な場での地位を確立している。潜在的な仕事相手との交渉も気難しい貴族とのやり取りも、彼女は上手にこなし、非の打ち所がない。

また、お家の内部の事柄も、ほとんど綾華が管理している。彼女がいなければ、家はとっくに混乱に陥っているだろう。

 

キャラクターストーリー3

ある秋の午後。綾華が用事を済ませて家に帰る途中、偶然にも古い屋敷の中から年老いた歌声を聞いた。屋内に住んでいたのは失明した老婦人だった。

痩せ細った指で弦をつま弾き、木製の琴から出る音はまるで水の流れのようだった。

耳が良かったからか、老人は足音に気付くと、門の外の人が誰なのか尋ねた。綾華は彼女に迷惑をかけたくないと思い、自分はただの迷子で、誤ってここに入ってしまった近所の住民だと告げた。

社奉行として、綾華は民を良く知っている。一目見てすぐ、この子供のいない老人が、よく晴れた日に路上で弾き語りをして稼いでいる人だと気付いた。

古くて時代遅れの曲、歌も然り、目が見えない老人は、すでに他人とは随分遅れている。永遠を追求する国にすら、このような苦労をして生きている人がいるのだ。

好意から、綾華は自身の身分を隠して老人と話をした。老人は彼女を普通の少女だと思い、琴の作り方や弾き方を教え、さらには自分が集めていた茶葉を分けた。

神里家に常備されている極上の茶葉と比べ、この粗茶は草の葉程度のものだろう。しかし綾華はそれを大事に受け取り、何度も老人に礼を言った。

この日、彼女は何度も両親のことを思い出していた。もしまだ両親が生きていたら、このように歳を取っていたのだろう。

家に帰った綾華はこのことを兄の綾人に告げ、老人から贈られた粗茶を二人で飲んだ。

その後、綾華は一定の期間ごとに老人に会いに行った。依然として付近の住民の名義で、彼女のために平民が愛用する生活必需品を贈っていた。

「町の緋櫻が咲きました。」綾華は微笑みながら老人に言う。「貴方の琴の音と同じように、美しく。」

 

キャラクターストーリー4

一般的な想像では、武家の生活は庶民とは桁違いのものだと思われいるだろう。ならばきっと、高貴な神里綾華も、極めて贅沢な生活を送っているに違いない。しかし、その考えは半分しか合っていない。

形から見れば、綾華の生活は確かに普通の民より凝っている。

普段は華道、茶道、名茶の試飲、珍しい花の鑑賞など、多くの費用がかかる。しかし、それは武家の令嬢として備えておくべきスキルであり、「放漫」というわけではない。

真に綾華を笑顔にすることができるのは、まさに庶民でも楽しめる普通のことだ。

お菓子を作ったり、池で金魚すくいで遊んだり、隠れて八重堂の最新小説を読んだり…どれも些細なことである。

そのような時の彼女は、人々に慕われる白鷺の姫君でも、神里家の屋敷を取り仕切る綾華さまでもなく、ただの「少女綾華」なのだ。

厳かなイメージが脇に置き、気ままに自身を表すこと。「少女綾華」として居る時だけ、重責を下ろすことができる。

深夜にお腹が空けば、使用人を避けながらこっそり厨房へ行き、歌を口ずさみながらお茶漬けを作る。茶道の授業の時、こっそりと茶葉の形で恋愛運を占う…などなど。

これまで誰にも言ったことはないが、綾華は自身が普通の少女でいる時間をとても大切にしている、なぜなら、このような自由な時間は滅多にないからである。

 

キャラクターストーリー5

様々な技能で綾華を指導している先生方は、みな、満足そうに言う——茶道、剣道、棋道、それらのいずれにおいても、綾華は完全に習得していると。

彼女は文武両道で、容姿端麗な武家の令嬢なのだ。そんな学生を指導できるのは、指導者としても嬉しいことに違いない。

しかし…本当に後悔はないのだろうか? 綾華は静かにそのことについて考える。

茶の心、和敬清寂な生の心。

剣の心、鋭く勢いのある武の心。

棋の心、状況を判断する慧の心。

茶の心、剣の心、棋の心、すべて彼女の心である。それに加え、友人に対する真心も持っている。綾華は彼女と同等に接し、肩を並べられる友人が現れることをずっと待っている。

その者は彼女を「社奉行」や「白鷺の姫君」とは見ず、礼儀や地位に制約されることもない。さらには数々の知識を知っていて、数々の物事を見てきた経験があり…時には、彼女に物語を聞かせるだろう。

そのような者こそ、彼女の親友になれるのだ。

「難しいことではないと思いますが…このようなお方は、いったいどこにいるのでしょうか?」

 

杜若丸

「あんたがたどこさ」

「稲妻さ、稲妻どこさ」

「神櫻さ、神櫻どこさ」

「影向き」

「影向山には手まりがあってさ」

「それをみんなで遊んで取ってさ」

「見てさ、持ってさ、投げてさ」

「それを綾華ちゃんのもとへ」

それが幼少期の綾華が最も好きだった童謡である。

当時の彼女は最も気に入っていた手まりに「杜若丸」という名を付けていた。毎日色彩鮮やかな杜若丸を叩いて遊んでは、童謡を歌っていた。

綾華の歌声を聞くと、父と兄は思わず微笑み、彼女の遊びに参加する時もある。家族みんなで輪になり、順番に手まりを投げる。

しかしそれはすでに遠い昔のことだ。

今の綾華はもう手まりで遊ぶことはない。

彼女の今や、一人前の大物だ。子供時代を象徴し、貴重な思い出が詰まった杜若丸も、綾華のたんすの中に仕舞われている。

 

神の目

何年も前、一族に大きな変化が起こり、兄の綾人に重責がのしかかった。その時、綾華はまだ今のように大人びておらず、能力もなかった。

彼女は元々、遊びが好きな子供であり、一族の責任などは知らず、様々な人物とやり取りをする技能も経験も不足していた。

しかし、病床の母と疲労した兄を見て、綾華は思ったのだ——一人前に成長しなければ。

そして彼女は、長い間やっていなかった剣術や詩と再び接した。これは武家としての基本的な教養であり、この二つを習得できれば、彼女はきちんとした神里家の令嬢として見なされ、兄の代わりに祭典などの場に出席することが可能になる。そうすれば、兄の負担も多少なりとも肩代わりできるだろう。

綾華は並外れた才能を持っているわけではない。かつては詩を覚えられず、字が綺麗に書けず、剣術も上手く繰り出せないことで悩んでいたほどだ。

しかし彼女が動揺したことは一度たりともない——一回で覚えられなければ五十回覚え、一回で上手く書けない字は五十回覚え、一回で上手く繰り出せない剣術は五十回練習する。

「何千回も磨かれた素振りを止められる者はいない。」——それが、母が言った言葉であった。

母が亡くなってから、彼女は子供の綾華ではなくなった。今の彼女は、神里綾華。将軍の下にある三家の一つ、社奉行神里家の令嬢なのだ。

剣術の訓練はすでに日常生活の一環となっていて、始めた日から今まで、途切れたことはない。何日目だろうか、綾華はついに敵を一撃で倒すことができるようになった。

 その瞬間、氷の花が道場内に咲き乱れ、道場の中心にいた彼女の刀の先には、氷のように明るい「神の目」がぶら下がっていた。

何千回も磨かれた素振りを止められる者はいない。それは、神さえ動かすことのできるものかもしれない。

 

mattari-game.hatenadiary.com