まったりゲーム屋

まったりゲーム屋

ゲーム記事中心の個人ブログ

【原神】エウルア・ローレンス ストーリーまとめ

f:id:arnoldooo:20210725001258j:plain

エウルア CV:佐藤利奈
誕生日 10月25日
所属 西風騎士団
使用武器 両手剣
神の目
命ノ星座 波沫座
古き一族出身の「波花騎士」、同時に西風騎士団の遊撃小隊隊長でもある。旧貴族の末裔でありながら、敵対関係にある西風騎士団に入団した理由は、未だ謎に包まれている。

 

 
 

 

 

キャラクター詳細

エウルアは西風騎士団で「遊撃小隊隊長」という席に就いている。

彼女は常に小隊を率い、魔物やアビス教団を退治しているため、モンドに帰ってくることは滅多にない。

「波花騎士」の称号を持つエウルアは、剣術に長けているだけでなく、知略と胆力をも兼ね備えた人物だ。ファルカ大団長にもその高い実力を認められており、彼女は「蒲公英騎士」に匹敵するほど優秀な騎士と評価されている。

二人の力ある騎士がモンドを守護していることは、実に喜ばしいこと。しかし、エウルアとジンの間には大きな違いがあった。

エウルアは、旧貴族であるローレンス家の末裔なのだ。彼女にはモンドを闇に堕とし入れた罪人の血が流れている。

特殊な出自であるため、エウルアに対するモンド人からの評判は極めて悪い。ローレンス家は旧モンドの愚かさと暴政を象徴する一族、心の底に潜む痛みを思い出させる存在である。

エウルアが表舞台に立つということは、人々の古傷を再び広げるのと同じこと。旧貴族を憎んでいる人々は、彼女に恨みをぶつけてきた。

しかし、そんなエウルアが選んだのは騎士の道。しかも、隊長格にまで昇進する。

城内で向けられる様々な疑いのまなざしに対して、自分の目的は全て「復讐」のためだと隠さず主張する彼女。人々はその包み隠さない振る舞いに恐れ、一時は騎士団の内部を探る「スパイ」だと思い込んでいた。

だが、西風騎士団の代理団長であるジンはそのように思ったことなど一度もない。エウルアの話をすると、ジンがとても友好的な態度で彼女と接していることが分かる。

「噂を信じてはいけない。人々は本当の波花騎士を理解していないだけだ。」

 

キャラクターストーリー1

罪人ローレンス家の出身、旧貴族の末裔、同時にモンドでも指折りの剣術の達人。

罪深き血筋と高い剣術の腕を兼ね備えた人物、それがエウルアだ。

いつ反乱を起こすのか、何を奪われるのか…モンドの住民にとって、この遊撃小隊隊長は嵐の夜に揺れる波のように予想のつかない存在である。

ただ他人からそのように扱われることに対し、エウルアは無関心で冷淡。もし目の前で嫌疑をかけられれば、彼女はこのように返す——「いい度胸ね…この恨み、覚えておくわ。」

根深い恨みに苛まれる彼女は、いつも場外の任務を請け負っている。たまにモンド場内に戻って来ると、大剣を持ったまま西風騎士団本部へとまっすぐ向かう。

ある日、二人の新人衛兵がそんな彼女を見かけ、慌てふためいた。しかし止めることもできず、彼女がジン団長の執務室に入って行くのを黙って見届けてしまう。

ただ奇妙なことにいくら時間が経っても、執務室から戦いの気配は感じられなかった。

衛兵たちは心配し、騎兵隊長のガイアと図書館司書のリサに助けを求めた。

「あら、お茶会かしら? そういうことならわたくしも早く行かないと。」

リサは早足に執務室へ、ガイアは二人の衛兵を外に連れ出し笑いながら説明した。

「ジンには人を見る目がある、お前たちもそれは知っているだろう。俺たち西風騎士団が見るのは、出自よりも能力だ。だからジンはわざわざ時間を作って、遊撃小隊隊長と剣術を切磋琢磨し合っている。それは騎士団のためであり、過去の怨念のためだ。賢いと思わないか?」

「は、はぁ…そういうことでしたか…」

「お茶とは、切磋琢磨という意味だったんですね…」

このようなことが、ほぼ毎月起こる。しかし、怨念を終わらすため剣術を磨き合っている割には、音が全くしないのは一体どういうことであろうか?

 

キャラクターストーリー2

実際のところ、エウルアに危険人物らしき雰囲気はない。そのイメージは先入観のせいであり、むしろエウルアは弱者の立場にあると考えてもいい。

たとえば、商店は彼女に物を売らず、飲食店であれば彼女の注文を雑に扱う。さらには、勤務担当エリアの住民が協力を拒否することもある。そのため、エウルアは仕事中よく壁にぶつかる。

その影響から揉めごとに発展した場合、エウルアは強気にこう言い返す——

「この恨み覚えておくわ、いつか必ず返すから」と。不思議なことに、この言葉はまるで魔法の呪文のようで、それを言うと揉めごとがその場でぴたりと止む。

そんな言葉を口にするエウルアだが、実際にモンドの人々を傷つけたことなど一度もなく、彼女は常に規則を遵守している。彼女の態度は冷淡に見えるものの、その言動や立ち振る舞いは真っすぐとしたものなのである。

彼女の普段の行いから文句をつける理由を見失った人々は、次第に恐怖心が薄れていった。彼女の「恨みを覚える」という発言は、自然と「そこまで」という警告の言葉となったのだ。

西風騎士団を滅ぼすかもしれないエウルア、スパイかもしれないエウルア…騎士団の新入りにとって、そんな彼女は厄介な人物である。

新兵がジン団長の伝言を伝えようとエウルアを探しに行くと、冷たい一言を返されるのだ——「モンドの罪人の末裔を働かせるなんて、君たちもまだまだ努力が足りないわね。」

厳しい口調でそう返すも、彼女は全ての任務を完璧にこなしてくる。そして、伝言を伝えた新兵も彼女の実力を認めざるを得なくなる。彼女は飛ぶ鳥を落とすような勢いで昇進していき、数年で「遊撃小隊」の隊長となった。

冷たく無愛想な波花騎士、騎士団と敵対関係にある旧貴族、付き合いにくい悪人…果たして、どれが本当の彼女なのだろうか?

伝言を伝えた帰り道、新兵は遊撃小隊エウルアの振る舞いを真剣に振り返ってみた。

彼女が他人に目をやる時、優しくて心強い表情になるのはなぜなのか? これほど真面目な人ならば、頼りにしてもいいのではないか、と新兵は考えるのであった。

 

キャラクターストーリー3

モンドは自由と喜びに満ちた都。ここでは罪人の末裔でも友人を作ることができる。

エウルアと民衆の間には、頼れる橋渡し役がいる。それが偵察騎士アンバーだ。

人に好かれるアンバーといる時、店主は通常価格でエウルアに物を売ってくれる。店主の機嫌が良い時は、アンバーとの雑談が長引いてしまうこともあるが、隣にいるエウルアは社交的な振る舞いを見せる。

お人好しのアンバーはエウルアとよく一緒に出かけ、必要があれば代わりに日用品などを彼女の家に届ける。

また遊撃隊長が積み上げてきた数々の功績は、アンバーが皆に伝えたものだ。民衆がその功績を耳にすると、誰もが驚きを隠せないといった表情をする。

週末の早朝、アンバーは木箱を積み上げて作った講壇の上で、エウルアの新たな功績を伝える——「先日、西風騎士団の遊撃小隊隊長がドーンマンボートで一人の女性を救出しました。そして調査の結果、港に潜伏していたアビス教団を発見し、一網打尽にしたんです。救出した女性は璃月でも有名な法律家で、後日騎士団は璃月の和記庁から感謝の手紙を…」

歴史がもたらす偏見を変えたのはアンバーの努力のおかげかもしれない、もしくはエウルア自身の騎士としての行いがモンド人の長年抱いていた恐怖心を晴らしたのだろう。ここ数年、民衆のほとんどは彼女に対し敵意を持たなくなった。騎士団のメンバーも、彼女の活躍を目の当たりにし感嘆を漏らす。

エウルアが率いる「遊撃小隊」の隊長達も彼女の味方であり、強き後ろ盾となってモンドを守っている。

これらの変化を一番嬉しく思っているのはアンバーだ。なにせ、エウルアが騎士団に入るずっと前から二人は知り合いなのである。祖父の弟子であったエウルアを、アンバーは心の底から信頼している。

 

キャラクターストーリー4

普段は冷たく鋭いエウルア、そんな彼女だが優れた料理の腕前を持っている。

遊撃小隊の隊員が「騎士団で最高の兵糧」と自慢するほどだ。彼らの懐には常に月の形をしたパイが入っている。この携帯食は絶妙な味をしており、食べた者は皆必ず絶賛する。

小隊の専属料理人がこの携帯食を開発する際、エウルアの作ったデザートを参考にし、長時間焼くことでパイの歯ごたえを高めたそうだ。元のレシピにあった長期保存に向かない材料を変更することで、コストを下げると同時に保存期間を延ばしたという。

これほど手を加えられていてもパイの味は美味しい。遊撃小隊の隊員はそれを食べながらふと思った——隊員が作ったオリジナルのパイは、どれほど美味しいのだろうか?

それほどまでの腕を持つに至った理由は、図書館の古い本の中に記されている——遥か昔に没落したローレンス家だが、今も支配階級に戻ることを望んでいる。その偉大なる時を迎えるため、後継ぎとなる子供には異常とも呼べるような厳しい英才教育を施してきた。

「貴族の義務」とは、あらゆる面で完璧でなくてはならない。所作、礼儀、学問だけでなく、そこには料理や家事も含まれている。

ローレンス家ではこのように考えられてきた——「解放後のモンドは礼儀と品位に欠けている。我ら一族がいずれ権力を取り戻しても、適任となる召使いを見つけられないかもしれない。俗世の泥沼にはまらぬよう、注意せねば。」

ローレンス家に仕える料理の先生は非常に厳しい人物である。生地を作る際、小麦粉を小さじ半分間違えたり、塩が多すぎたり、焼き上げのタイミングが二秒遅れたりしただけで、叱責と罰を招くおそれがある。エウルアにとって、他人から微笑ましがられるような料理の腕も、古いしきたりに従っただけの無駄な結果に過ぎない。

彼女に認められた…いや、彼女に「恨みを持たれ、世話を焼くも素直になれず、いつも近くをうろうろとしている者」のみが、彼女の手作り料理を味わうことができるだろう。

 

キャラクターストーリー5

伝統的な礼儀作法の他に、旧貴族が「第二の魂」として尊重するものが芸術である。

祭礼の舞——名門貴族が自身の高貴さを誇示する儀式はまさにその魂の結晶、権力の頂点に位置する最も輝かしい宝石だ。

民衆の間で伝わる話によれば、旧貴族が力でモンドを統治する前、大貴族たちがこの祭礼の舞を作ったという。

ローレンス家を表す第三幕「輝きの燭光」は、祭礼の舞の中でも一番重要な部分だ。舞人は地位の高い者が担うことになっており、通常は一族の長女が務める。

舞を完璧なものとするため、ローレンス家は一流の踊り手を教師として雇ってきた。つま先から体の端々へと流れる血は栄光の証、舞人は誇りを胸に躍る。

この古き伝統は長い年月を経てもなお脈絡と受け継がれ、ローレンス家が民衆から追放されて久しい今日まで守られてきた。

しかし、華麗な舞を踊るのに相応しい盛大な饗宴と優雅な舞台を失った今、かつてほど「祭礼の舞」は高貴なものではなくなった。舞に対する要求も次第に低くなり、教師の指導も厳しいものから緩いものになっていった。ローレンス家は己が無力をついに痛感した、こうして舞の練習は時間が余った時にのみ行うものとし、必修科目から外されることになる。

時が経つにつれて、この舞が背負ってきた悪しき色彩は薄れ、そして今は美しい舞のみが残った。

辛く苦しい他の鍛錬と比べ、舞の練習はローレンス家長女のエウルアにとって唯一息抜きができた時間だ。

今のエウルアは芸術とは無縁に見える。他の人が見ても、「波花騎士」と舞を結び付けるのは難しいだろう。

だが舞が持つ独特な芸術、言葉では表現しきれない律動の美しさは、エウルアの剣術に引き継がれている。

大剣を振るう優雅な姿は、まるで月の光のように穢れなく、遠く手の届かない存在だ。

 

「堅氷」と「波花」

エウルアはローレンス家の家紋「堅氷の印」を所持している。これは一族の武力を象徴する至高の証であり、モンド開拓時代初期、まだローレンス家が没落していなかった時の意志を表したものである——この印は高潔で炎を恐れず、冷静で揺るぎないことを意味した。

過去千年の間、「堅氷の印」を受け継ぐ試練を通過した者はごく僅かである。

この家紋は一族の希望と共に継承されてきた。

エウルアが試練を受けたのはまだ幼い頃のこと。だが、彼女はいとも容易く試練を突破し、「堅氷の印」を授かった。この誇りを背負い彼女は一族の屋敷を離れ、家族との連絡を最小限に留めるようになった。

彼女の氷の剣は、まさにその実力を表している。吹雪のように冷たく、あらゆるものを足止めさせる。

冷たく透き通った、氷のように輝く彼女。しかし、彼女の称号は氷のイメージとはほど遠い「波花騎士」。人々がこの称号を聞けば、水元素の使い手だと勘違いするだろう。

この称号の由来は彼女の戦い方が関係している。

エウルアは精巧な骨笛を持っており、それを吹くことでまるで本物の波が打ち寄せるかのような音が辺りに響き渡るのだ。

彼女が率いる小隊の勤務エリアは海岸の隣。そのため波の音は戦略の幅を広げ、敵の判断をかく乱させることができた。さらに知力の低い魔物であれば、津波と誤認させ、四方に散り散りにさせることも可能にした。

このような技術を用いて、エウルアは少数で多数の敵を制してきた。他に類をみないこの戦術こそが、「波花騎士」の称号を賜った所以である。また、エウルアが波を選んだのには、彼女なりの理由も存在する。

「波花」よりも「堅氷騎士」の方が彼女のイメージとして想像しやすいだろう。

それでも、冷たく堅苦しい堅氷より、踊る波花の方が彼女は好きなのだ…波であれば珊瑚や砂浜を優しく抱きしめることができる。

厳しく鎖で束縛するのではなく、自由に打ち寄せる波こそが彼女の憧れなのである。

 

神の目

「恨み」の根底には何があるのか。

悲惨な境遇? それとも不幸な出来事? 「復讐」で何を成せるのか。

正しき地位を取り戻し、民衆の畏敬を勝ち取り、再び支配者として頂点に君臨する…しかし、エウルアの胸の内では、そんなこと全てどうでもよかった。

彼女は過去の屈辱を直接受けたわけではない。むしろ一族の重圧の方が彼女を苦しめていた。枷を取り除こうにも、人々に認められるのは決して容易いことではない。

恨みと復讐、それは彼女にとってただの惰性であり、争いを避ける合図と盾に過ぎなかった。

特殊な身分と立場を持つ自分は批判の言葉をどう無視し、どのような価値観を重視すべきなのか…どう戦えば、重く苦しい血統と決着をつけられるのか…

様々な悩みを心に抱えながら彼女は世に忘れられた年老いた偵察騎士に弟子入りした。そこで広い心と堅実であることがいかに大切かを学んだ。

恨みや復讐よりも、家族や他人よりも、ますは「自分自身」を見つけなければならないことを学んだ。

「自分」らしい生き方、「自分」を守るすべ、「自分」の目標…

恨みや復讐を口にしてきた彼女だが、その根の善良さと打たれ強さは本物だ。

エウルアだけの優しい復讐の道。彼女がその道を見出した瞬間、神の目が静かに現れた。

 

mattari-game.hatenadiary.com