まったりゲーム屋

まったりゲーム屋

ゲーム記事中心の個人ブログ

【原神-書籍】ヴァネッサの物語

♦第1巻

モンドの酒を愛す友よ、飲め、騒げ、自由に、風の神に乾杯を!

始まりの騎士ヴァネッサに乾杯を!

モンドの子らよ、風神の恩賜を忘れるな!

だが——恩賜とは自由ではなく、抗いである

 

物語は遥か昔から始まる

酒友たちよ、主題から逸れた演奏を許してくれ

だがこの場にいる皆は分かっているだろう、我々モンドの栄光と自由は

バルバトス様が弾いた曲から誕生したことを

詩篇は英雄の名を唱える

無名の自由はもっと祀られるべきなのだ

 

あの時のモンドは貴族の枷に縛られ、叫んでいた

祭典は貴族のための戯れとなり

平民にとって偽りのものであった

モンドは風の中を揺れる檻

貴族は恣意的に奴隷を酷使した

貴族たちは気づかなかった、己が欲望によって檻へと落ちることに

 

檻の中に一人の少女がいた

南の平原からやって来た彼女は

自由のもとに生まれたが、枷鎖に縛られてしまった

暴君が肉体を束縛したが

敬虔な少女は、信仰を諦めない

一族はモンドと、虚妄の自由のため祈り続けた

 

♦第2巻

モンドの酒を愛す友よ、飲め、騒げ

ついにバルバトスは、この熱き祈りに応えた

少女の赤い髪を追いかけ、風神は牢獄に降臨した

「万物に名前あり」いたずら好きの彼の者はそう言った、

「君の名で詩を作りたい、」

「報酬の代わりに、君と友情を結ぼう」

少女は快く応じた。心は解放の兆しに満ち溢れていた。

 

バルバトスの歌声に包まれて

少女は大地を蹂躙した魔龍を倒した

肥えた貴族は恐れ慄く

「モンドは自由だ」と、風が民衆のために歌った

木々の合間、孤独なそよ風が集まり、暴君の高い塔を吹き飛ばす

幼い獅子が風の中で頭を持ち上げ、枷を外した

 

少女は自分の名を勝ち取った

風神の演奏の脇役として、少女は感謝の気持ちで心が溢れた

しかし、彼女のお礼を風神は断った

「君の歌だから、君が主役だ」

「ボクは君の友情を受け取り、君の名を手に入れた」

「だから、これは君の自由を謳った歌なんだ」

 

酒を愛す友よ、もう一度乾杯!

これがモンドの自由の源、周りが暗く、絶望を感じた時でも、

偉大な英雄ヴァネッサの物語を忘れるな

自由の希望を諦めるな!

 

【ヴァネッサが登場する公式漫画】

genshin.mihoyo.com