まったりゲーム屋

まったりゲーム屋

ゲーム記事中心の個人ブログ

【原神】鍾離(ショウリ) ストーリーまとめ

鍾離 CV:前野智昭
誕生日 12月31日
所属 璃月港
使用武器 長柄武器
神の目
命ノ星座 岩王帝君座
「住生堂」に招かれた謎の客卿、
博識であり、あらゆることに精通している。

 

 

 

 

キャラクター詳細

璃月の伝統において、「仙人を送る」ことは「仙人を招く」ことと同じくらい重要な意味合いを持つ。

その璃月で、最も「送別」が得意なのは七十七代続く胡家の「往生堂」である。

しかし「往生堂」の堂主、胡桃は、主に人を送ることを得意としていた。

仙人を送る儀式は、「友人」の鐘離に託すことが多い。

仙人は璃月と共に長い年月を過ごしていたため、3000年にも及ぶ歳月の中、天に召した仙人は極めて少ない。そのため、伝統に関するしきたりは、紙に書くことでしか伝えることができない。あまりに間隔が空き過ぎているのだ。幼い頃に1回見て、死ぬ前にもう一度見れるようなものではない。

だが、最もしきたりに厳しく、古い伝統に夢中な学者たちでも、「往生堂」の仙術の儀式の失敗を見付けることはできない。

儀式の服装、儀式を行う時間、場所、道具、その日の天気、儀式の長さ、参加者の人数、職業、年齢などなど、全てが規則に則っているからだ。

人々が「博学多識」などと鐘離を褒めると、いつも彼は苦笑を浮かべこう返す、「ただ…記憶力がいいだけだ」と。

 

キャラクターストーリー1

璃月では、細部を必要以上に気にして、特定の物事に譲れない判別基準がある人を形容する時「こだわり」という言葉が使われる。

誰もが自分なりのこだわりを持っている。辛いものを食べない、魚を食べない、豆腐は甘い物でなければいけないなど…

鐘離もこだわりを持つ人である。

たとえば、芝居を観る時は一番人気な役者のものを観る、鳥は最も高いガビチョウを買う、「明月の王子」を食べる時は、台所に行って料理人に卵液に入れる貝柱と魚肉の比率を、自ら指導するなどだ。

鐘離は服飾、珠玉、瓷器、食、茶、香料、花や鳥など全てに精通しており、貿易や政治、七国の話題でも問題なく語れる。

しかし普段の彼は、使い道のわからない知識しか披露しない。なぜなら、彼は面白いことを共有したいからだ。

 

キャラクターストーリー2

買い物に値切りは必要不可欠である。

これは璃月の常識である。店主が商品をどう紹介しても、まずは値切りから始めるのだ。そして半額から切ることが多い。

しかし、鐘離が支払う(というより支払ってもらう)時はいつも値段を見ない。彼は気に入った物を、いつも店主の言い値で買っている。店主より高い値を言い出すこともある。

しかし、なぜか鐘離はいつも財布を忘れる。

少額のものなら友人に支払ってもらうが、高額のものなら、彼は何らかの理由で経費で落とすようにしている。

口ではお世辞を言い、内心喜んでいる商人たちには、鐘離にはある変わった特徴があるように見えた。彼は金の本当の価値や意味を分かっており、人間の苦についても理解しているが、自分にも「貧乏」が訪れる可能性があるということを、理解していないようだ。言い方を変えると、彼は金を持っていない自分自身を想像できないようだ。

こんな人が、なぜ今日まで生きてこられたのか、不思議である。

 

キャラクターストーリー3

鐘離が餓死することはない。

富の損益は、鐘離が心配することではない。七国と世界こそが、彼が力を入れる領域である。

なぜなら、彼自身が富そのものだからだ。

璃月の統御する「岩王帝君」、七神の中の岩の神、モラクス。テイワット大陸の共通通貨「モラ」の名はここから取られた。

夜が訪れ、賑やかな璃月港が眠りについた時、時折彼は岩山に立ち、自分の手で作ったこの都市を眺める。

璃月の人々にとって、「岩王帝君」は様々な偉業を成し遂げた存在だ。

神力を用いて璃月港に法律を作った時、彼は「契約の神」になった。

最初の1枚の「モラ」を作り、商業を礎に璃月港を大きく発展された彼を、商人たちは「商業の神」として崇めるようになった。

無数の年月を経て、七神の最年長である彼を、歴史学者たちは「歴史の神」と呼ぶようになった。

数千年前、璃月港の先民たちが荒れ地を開拓した時、石で火を起こし、岩でかまどを作った時から、岩の神は「炉火の神」となった。

外国人は彼を「モラクス」と呼ぶが、璃月の人々は彼を「岩王帝君」と呼ぶ。

そして、芝居好きや子供たちにとって、数々の偉業の中でも、やっぱり魔神軍を一掃し、璃月を作り守る「武神」の彼が、一番人気がある。

「岩王帝君」が道に迷った時に出会ったグルメ、「岩王帝君」が書いた扁額、「岩王帝君」がエキストラとして出演した演劇…璃月のたくさんの文化や歴史を細かく分析すると、どんな時代もこの神が深く関わっていた。そして、璃月の人々はこの神と共にある歴史を誇りとしている。

 

キャラクターストーリー4

璃月港の創建者として、この商業の城でモラクスが最も重視しているのは「契約」である。

単純な「金での売買」から、商人たちが結ぶ契約、璃月港創建時にモラクスが自ら制定した律法まで、「契約」はこの都市のあらゆるところに存在する。

商人たちにとっても、引渡しの時間、金額、場所などを定める「契約」は、最も重要な基準である。

良好で厳格な秩序だけが、商業活動を盛り上げられる。そして商業は璃月港の支えとなる。

そのため、モラクスの神託を守るだけでなく、璃月港が常に活力を維持できるよう、法律を違反した人を「璃月七星」は簡単には許さない。

数千年の歴史の中で、歴代の「璃月七星」は法律の解釈に力を注ぎ、様々な「補充条項」で法律をより完全なものにしてきた。気付かれていない法の抜け穴は、商人たちに「禁止されていないから」と黙認され、気付いた「璃月七星」によって、新たな補充条項が追加されるまで、大儲けの道具にされた。

こうしたやり取りの中で、璃月港の法律の解釈本である「補充条項」は、すでに279ページにも及んだ。

この本の改訂を担当する現代の「天権」——凝光は人々からこっそりと「璃月の裁縫師」と呼ばれている。

しかし、凡人たちの法律がいくら複雑に解釈されても、「岩王帝君」本人にとって、大事な法律はただ一つだけだ。

「契約を違えた者は厳罰されるべし」

 

キャラクターストーリー5

七星で最も古い一柱として、「岩王帝君」はすでに長すぎる時間を過ごした。

「岩王帝君」は今でも、魔神戦争が終わったばかりのことを覚えている。最後の七人の魔神は、それぞれ「神」の座に登り、「魔神戦争」の時代を終わらせた。彼らの性格はそれぞれ異なり、互いとの距離も離れているが、どれも「人類を導く」という責任を背負っている。

時代が変わり、七星の世代交代も少なくなかった。今となっては、最初の七神の中で残っているのは二名だけだ。

「岩王帝君」とあの自由で快活な風神。七神の中で二番目に古いのが自由で快活な風神、バルバトスだ。

2000年前、バルバトスが初めて璃月を訪れた時、「岩王帝君」は最初、この同僚は困っている、自分の助けが必要なのだと思った。

そのため、バルバトスが風から降りる前、岩の神はすでに出迎えの用意を済ませて、彼が口を開けば力を貸せるようにした。

しかし、風の神は彼に酒を渡した。

「これはモンドの酒だけど、君も飲んでみる?」

——酒を渡すために己の責務を放棄することは、岩の神には理解できないことだ。

しかしその後、風神は何度も訪れ、璃月港を巡り歩きながら、様々な質問を彼にぶつけた。この風神の好奇心は彼の手にある酒と同じで、終わりがないのだ。

その時から、あの時代の七神はよく璃月で集まるようになった。

今でも「岩王帝君」は、あの時の酒の味を覚えている。

世界は変わり続け、馴染みのあるものは徐々に消えていく。七神の世代交代も続き、酒の席にいた七人は二人になった。

最初七神の「人類を導く」という責務も、新たに就任した神に重視されなくなりつつある。

3000年余りの時間は、丈夫な岩をも削る。

風も、彼のそばを訪れなくなった。

ある小雨の日、古の帝君は璃月港を歩き、商人が部下褒める言葉をたまたま耳にした。

「君は君の責務を果たした。今はゆっくりと休むがいい」

……

賑やかな人の群れの中で「岩王帝君」はその足を止めた。

「俺の責務は…果たされたのだろうか?」

神はそう自分自身に問いかけた。

 

水産物

魔神戦争時、戦火がテイワットのあらゆるところに飛び火した。魔神たちの戦争に乗じて、無数の妖怪が自身の領地を拡散しようとしていた。

その中に、まだ七神になっていなかった「岩の魔神」を困らせていた魔神がいた。

これらの魔神は深海から来たもので、柔らかい川と鱗、俊敏な手足を持ち、体の一部を切り落とされても生き延びることができる。さらにネバネバした液体を噴射することもできる…

以上の特性だけでも十分に気持ち悪いが、恐ろしいのはこれだけではない。

一番恐ろしいことは、ヤツらがとても小さく、しかも何処にでも存在することだ。

テーブルや椅子、ドアや窓、カーテンや服、さらに茶碗の中、書籍や筆立てからもヤツらの存在を発見できる。

手を伸ばすと、冷たくてネバネバとしたものに触れてしまう。そして、これらの魔物は手を登り、きらきらと光る痕跡を残す…

璃月の先民の願いに応え、モラクスはこの魔物の消滅を引き受けた。だが、人間社会に寄生する魔物を相手に、モラクスは過去のように戦場で無数の石槍を投げたり、大地もろとも砕け散らすようなマネはできない…

しかし、彼は後世に「契約の神」と呼ばれるモラクスだ。彼が約束した願いは必ず叶う。

責任感を感じた彼は、岩の檻を自由自在に操り、これらの魔物を無数の部屋から引きずり出した…

長い殲滅作戦が終わった後、モラクスは初めて「肩の荷が下りる」という言葉の意味を理解した。

面倒すぎた殲滅と水生魔物の異臭を放つ粘液は、彼の中に強い印象を残した。

人間の姿の化身である鐘離は、港都市に住んでいるが、うごめく水産物からは距離を置くようにしている。

だが、見た目から原材料が判断できない海洋豆腐はまだ食べられるのだ。

 

神の心

「ファデュイ」の「淑女」が彼の目の前に現れた。

事前に結んだ「契約」により、彼女は岩神モラクスの「神の目」を貰いに来たのだ。

旅人と二人の「ファトゥス」の目の前で、鐘離は自分と「氷の神」との契約を明らかにした。

彼曰く、これは最後の時に結んだ「全ての契約を終わらせる契約」だ。

しかし、今まで璃月港を守ってきた神の力までも失うのは、どう考えても、この取引における岩の神の代償は大きすぎた…

人間同士の契約おいても「等価交換」が鉄則だ。

数千年に渡り、無数の「契約」を結んできた岩神が、今回のような重要な契約を結んだのは、きっと利があるからこその行動だろう。

岩の神は、自らの「神の心」を取引の天秤に掛けた。

氷の神は、一体どんなモノを天秤のもう片方に掛けて、均衡を保っているだろう。

 

mattari-game.hatenadiary.com