まったりゲーム屋

まったりゲーム屋

ゲーム記事中心の個人ブログ

【原神】アルベド ストーリーまとめ

アルベド CV:野島健児
誕生日 9月13日
所属 西風騎士団
使用武器
神の目
命ノ星座 白亜の申し子座
西風騎士団の首席錬金術師 兼 調査小隊隊長。
「白亜の申し子」と呼ばれる天才。

 

 

 

 

キャラクター詳細

「錬金」、その技術の歴史は古く、長い年月の中で多くの知識が失われてきた。そして現代において、錬金術は物質の欠片を組み合わせることで、僅かなモラを節約するためだけにの技術として人々に認知されていた。

もし人々がこう話すのを錬金術師が聞けば「そんなくだらない学問ではない!」と叫ぶことだろう。

だが、アルベドがモンド城に現れたことでその認識は一変する。

彼は誰もが驚く技術を披露し、錬金術の真髄を皆に知らしめた。

スメール教令院ですら認知していない膨大な知識を持ってして、この少年は人々を魅了したのだ。

「宇宙——それは空の頂点。地層——それは時間が忘れ去った夢。これは灰、生命という複雑な構造を最もシンプルにした状態である」

この奇妙な言葉を証明するかのように、アルベドは草スライムの頭に生えた花から燃えるような灰を手に取って掲げる。

すると数秒後、その灰の中からセシリアの花が咲いた。

「新たな生命の誕生だ」

 

キャラクターストーリー1

アルベドは騎士団において、極めて重要な職務に就いている。だが、彼が人前に姿を現すことは滅多にない。

学者にありがちな変わった性格が災いしているわけではなく、むしろ彼はとても誠実に人と接する。

ただ、行き過ぎた情によって、結ばれた親密な関係を彼は当てにしておらず、またそれを維持するための多大な労力を良しとしていないのだ。

そのため、アルベドは他人と友好的かつ適度な距離を置くことにしている。

彼が工房の鍵を閉めて外へ出かけたり、素材を探しに行ったりしている日には、彼の姿をモンドで見つけることは決してできない。

だが、人を遠ざけるその行為は、アルベドの心が冷淡であることを示しているわけではない。

助手であるティマイオススクロースを指導している時、彼は心の底から楽しんでいるのだ。

そして、モンドの人たちに描いたばかりのクロッキーを渡す時も、彼は心の底から喜びを感じている。

また才能に恵まれたリサが図書館司書の職に甘んじている姿を見れば…心の底から残念に思うのである。

 

キャラクターストーリー2

アルベドは、師匠の推薦状によりモンドに腰を落ち着かることができた」

これは一応事実である。ただ、モンド城はいついかなる時もあらゆる者を歓迎しているため、推薦状は大して重要ではなかっただろう。

むしろ、アルベドにしてみれば推薦状がなかった方が、モンド城の生活はもっと居心地の良いものになっていたかもしれない。

——なぜなら、推薦状の受取人はかの有名な観光ガイドの作者アリス、アルベドの師匠レインドットの旧友だ。

アリスは推薦状を読み終えた後、しばし考えにふけった。

「レインが、君に実験室を用意してくれだってさ…でも、この規模になると一般市民じゃ手が届かないよね。うーん…あ、そうだ!」

こうして、アルベドはアリスによって西風騎士団へと放り込まれたのであった。騎士団の仕事はアルベドにとって、実に楽なものであった。実力の5%はどの力を出せば、騎士団の仕事は万事処理できてしまう。

つまり、それ以外の力は全て実験に費やせる上に、騎士団の実験室や機材を好きに扱えるということだ。

ところが——

アリスには娘がいたのだ。名前はクレー。

…そう、あの「クレー」だ。

「今日から私たちは家族よ。この子のことは実の妹だと思ってあげて!」

それからアルベドは、クレーの後始末によって日々労力を費やしていくことになる。

 

キャラクターストーリー3

アルベドは実の親のことを覚えていない。物心ついた頃から、彼は師匠と共に秘境深界を探索していた。

騎士団の人たち、アリス、そして星海の気をまとう旅人。誰もがアルベドにとって特別な存在であるが、その中でも師匠はひと際特別である。

なぜなら、アルベドにとって彼女こそが唯一の親であるからだ。

師匠は冷淡かつ厳格な女性だった。彼女はアルベドを育て、錬金術の秘訣を教えた。

「宇宙——それは星が輝く漆黒の空の本質、地層——それは時間と生命が蓄えた記憶。

白亜——それはあなた、黒土——それは錬金術の根源であり、命の根源でもある。そして——」

彼女はアルベドにその技術を見せる。巨大な生命が卵を突き破り、培養槽の破片が床一面に散乱した。

「これが誕生だ」

 

キャラクターストーリー4

かつて、アルベドは煩わしさとは無縁の気楽な生活を送っていた。

何も考える必要はない。生命とは単調なものであり、ただ師匠と共に行動し、師匠の指示に従い、師匠の期待を裏切らなければよかった。

ある日、その師匠と弟子が世界の奥底で「ナベリスの心」と呼ばれる聖遺物を見つけた。

だがその日を境に、師匠は姿を消してしまう。残されたのはメモと推薦状、そして1冊の書物。

メモには「アルベドをモンドへ向かわせ、旧友であるアリスに推薦状を渡し、最後の課題を成し遂げさせる」と書かれていた。

書物は師匠が収蔵していた「大義秘典」の断片。

また、師匠からアルベドへ向けた少し変わった贈り物もあった、それは見習いを卒業したことを証明する「白亜の申し子」という称号。

過去にアルベドがこなしてきた課題は、いずれも困難なものであった。

「できなければ見捨てる」といった師匠の脅しも、アルベドは本気で信じ、課題に打ち込んできた。

ただ、今回アルベドが受け取った課題はあまりにも難題であり、彼の許容範囲をゆうに超えていた…

もしかすると、これは二度と師匠と再会できないことを意味しているのではないだろうか?

「最後の課題——私に世界の真相、そして世界の意義を示せ」

 

キャラクターストーリー5

アルベドの「錬金術」は、テイワットの七国に存在するどの技術とも異なっている。

彼が師匠から受け継いだものは、七国とはまた別の国——「カーンルイア」に由来するものだ。

カーンルイアは地底奥深くに隠された国であり、そこには動物が滅多にいない。そのため、その地の「錬金術」は「生命の創造」に重きを置かれていた。命を育てる術、「黒土の術」。

幼いアルベドは師匠のメモからそれを理解した。

また「黒土」のもう一つ上の存在が「白亜」である。これについては、師匠が過去に口にしたことがあった。

「白亜は無垢なる土であり、原始の人々の材料である」と。

今のアルベドは、あの頃よりも錬金術の理解を深めており、知識も過去のものとは比べ物にならない。

「黒土が白亜を産む」

彼はこの一言に込められた意味を完全に理解していた。

言葉で言い表せない神秘は、師匠との思い出に固く結びついている。

師匠は母ではない、だがアルベドの命は間違いなく師匠から生まれたものであった。

「はぁ、ボクの思い込みじゃなければいいのだが、両親が子供に求める『世界の意義』は…きっと幸せな暮らしのことなのだろう」

アルベドは、たまにそう考えるのであった。

 

アルベドの絵

アルベドの絵を描く習慣は、師匠と旅をしていた頃に身に着いたものだ。最初は、メモの挿絵を描く程度だった。だが、細部まで絵を描き込む事で物体の構造や法則を理解しやすくなり、錬金術を学ぶのに大いに役立つことに気付いた。

その上、絵を描いている時は無心になれる、対象の観察と筆を動かすこと以外は何も考えなくていいのだ。それは心地いい感覚であった。

そしてアルベドは独学で絵を学び、芸術家の域に達するまでになった。

モンド場内を散策する時、アルベドはいつもスケッチをする。彼は人々の幸せな時間を記録するのが好きであった。

時折、彼は描いた絵を事情の知らない「モデル」へとプレゼントする。なぜなら、幸福な時間が閉じ込められた絵は、大切にされるべきだと考えているからだ。

時が経つとともに、アルベドの画力も日に日に増していった。それでも、「稲妻の挿絵」を初めて目にした時、彼の全身に衝撃が走ったという。

この世界に、絵を使って膨大な物語を伝える技術が存在したことにただただ驚いたのだ。

奇妙な感覚であった、それをアルベド自身も試してみたいと強く思った。

…そして、行秋という小説家と出会い、共に『沈秋拾剣録』を出版することになったのである。

ただ残念なことに、この小説はあまり反響を呼ぶことなく、「神絵師の絵が乗っている本」という評価だけが世に残った。

 

神の目

「神の目」を手にしたことに対し、アルベドは特に驚きを示さなかった。

神の目を手にした瞬間、アルベドはそれを一瞥しただけで、元の作業に戻ったのである。

彼の感情には一切の変化もなく、まるでそれがさも当然のことであるかのように平然としていた。

アルベドにとって、神の目はただ研究を便利にするだけの道具に過ぎなかったのだ。

彼が喜ぶのは、「未知」なるものが知識となった時だけ。

いつの日か、彼は世界中の神秘と智慧を解き明かすことだろう——もちろん、「神の目」もそのうちの一つである。

 

mattari-game.hatenadiary.com

パステル